Satoryu's Diary

Rubyが好きな貧乏プログラマーの日記。日々の生活、開発に関するメモとか考えとか。


2017年01月13日 [長年日記]

_ Regional Scrum Gathering Tokyo 2017 にボランティアスタッフとして行ってきた。 #RSGT2017

1月12日、13日に大崎ブライトコアで開催されたRegional Scrum Gathering Tokyo 2017 にボランティアスタッフとして行ってきた。ボランティアスタッフとしては、たぶん今年で3年目。

カンファレンス自体がどんな雰囲気だったのかは、トゥギャッターとかSlideShare などで検索するとわかるんじゃなかろうかということで割愛。

ボランティアスタッフって何がいいの?

ボランティアスタッフとかやっていて、何が楽しいのかってのを聞かれること無いのだけど、せっかくなので書いてみる。

大きく分けると前日の会場設営と当日のスタッフ業。
開催日がここ数年は平日なので、前日作業も平日で普段の業務の都合を付ける必要がある。
当日の仕事は、受付だったり、セッションの担当だったり、ランチやおやつのケータリングの搬入だったり、ゴミ回収だったりと*1、体を動かす作業が殆ど。けれど、1フロアの2トラックなのでそこまで苦ではない(はず)。
自分は、主にセッションのタイムキープと質問者へのマイク渡しを担当して、全部では無いがいくつかセッションを聞くことができた。とはいえ、タイムキーパーをやっているとうっかり時間を忘れてしまうことがあるので話に集中できない。

ボランティアスタッフは無料で参加できるので、費用面で通常の参加が難しい人*2は検討してはいかがだろうか。
ということよりも、ボランティアスタッフとして一番の利点は、実行委員の方々、スピーカーの方々や参加者との接点を持てることだと思う。人見知りな方なんかは、スタッフということを利用して、ギャザリングしよう!

次はいつあるの?

最終日のクロージングで発表があったように、2018年1月10日から3日間分の予約を会場である大崎ブライトコアでしてあるということで、大体その前後の予定を予め確保しておくと良いでしょう。

*1 作業分担を書いた紙を紛失してしまったので記憶を頼りに。

*2 オレオレオレオレ