Satoryu's Diary

Rubyが好きな貧乏プログラマーの日記。日々の生活、開発に関するメモとか考えとか。


2017年03月18日 [長年日記]

_ ジョイ・インクを読んだ。

この本は「喜び」を中心としたメンローという企業の話が描かれている。読んで見ると嘘のように思うかもしれないけれど、今僕らが生きている同じ時代に実在する企業の話だ。これは経営者のための本でもあるし、同時に開発現場の人たちが読んでも楽しめる。そして、おそらく、ソフトウェア業界以外の方々が読んでも、十分に学ぶことがあるのではないだろうか。

僕個人の話だけれど、自分はこの2年間くらいでメンバーが突然外されてしまったり、組織を移ったり、チームを解散させられたりで、色んな環境で仕事をする経験をたまたました。その中で、自分自身がモチベーションを高くできるかどうかというのは、

  • 何をするか
  • 誰とするか

というところに大きく依存すると思っている。特に後者は、前者を覆すことがあるので、最重要だと思う。ほとんどの仕事は1人では完結できない。誰かと一緒にする必要がある。その中で喜びを共有することができるかどうかというのも大切だ。この本は、採用についても触れていて、いかにして同じ価値観を持つ人を採用するかについて徹底している。間違って価値観の異なる人を採用してしまうことで、採用する側もされる側も双方が不幸な思いをする。悪意などそこにはないはずなのに大変残念な事態だ。それは当然仕事の結果にも現れてくる。そういった不幸を無くすため、非常にコストがかかるやり方かもしれないが、ミスマッチ採用後の不幸とマッチした人材を獲得できることを考えたら十分に元が取れるだろう。

仕事だろうとなんだろうと、喜びを得たいのは当たり前のことだと思う。日本になると、我慢大会みたいに苦行自慢に見えることもある。喜びを得たいと、本当は思うなら、ぜひこの本を読んで、喜びに溢れた会社やチームを目指して欲しい。全部を真似ることはできないかもしれないが、すぐに出来そうなことはたくさん書いてある。もしあなたが誰かに向けての書類を作っているなら、それを渡す相手と一緒に作ってみる、それだけでもいいと思う。

どうせ同じ成果を生むのなら、楽しい方が良いに決まってる。

Tags: 読書

2017年02月20日 [長年日記]

_ OSS Gate 東京ミートアップ で進行役をしてきた。 #oss_gate

OSS Gate東京ミートアップ 2017-02-20

OSS Gate ミートアップは、土曜開催のサークショップを2回に分けて実施するもので、土曜日には参加しづらいという方向けに平日夜に開催しています。
今回は2回目で、自分が進行役として参加してきました。

前回のミートアップから続けての参加者が1名と、今回初参加のビギナーの方が6名。メンターも7名おり、ビギナーの方と同じ比率だった。写真のように卓球台をデスク代わりにし、メンターと隣同士になって、あーでもないこーでもないと言いながら作業をしていった。

いつもなら、メンターが少なくてメンター1人が2人のビギナーをみたりするのだけど、今回はビギナーと同じ人数集まったので、各ビギナーごとに常に面倒みてくれるメンターが1人は確保できた。
そのせいなのかわからないけれど、普段より活発に会話がなされていて、とても賑やかだった。もしかしたら、メンターが2人のビギナーを担当した時って、そのビギナーから見たら、今自分が質問していいのかどうかタイミングを図ってしまうのかもしれない。それが一対一になると聞きやすくなるのかも。

ワークショップとしては、躓いてしまう方が出ることなく、スムーズに進んだと思う。しかし、予め進行役側で認識していたとおり、ふりかえりやアンケート収集で予定より時間が取られた。これはタイムテーブルに、今回の実測値を反映させるとともに、それぞれの進め方や方法に改善の余地がありそう。

普段のワークショップは午後からの後半からしか参加できないので、前半の進行役がなんとか終えられて良かった。デモするために、自分自身でテキトーにOSSを選んで、問題を見つけられたのも楽しかった*1

次回予告

次回のOSS Gate 東京ミートアップは、3/30(木)に、またまた永和システムさんで開催です。

OSS Gate 東京ワークショップは、その前の週の3/25(土)に、またまたCrowdworksさんで開催します。

どちらもまだ参加者募集中ですので、ぜひご参加ください。

*1 常にメンター側だったので、このワークショップで教えてる方法で、バグレポートとかプルリクエストが送れるんだ、というのが実感できたのは良かった。


2017年01月28日 [長年日記]

_ OSS Gate 東京ワークショップにメンターとして参加してきた。 #oss_gate

集合写真

2年目に突入したOSS Gateの本年一回目のワークショップにメンターとして参加してきた。
いつも通りの昼過ぎからの参加。
本日のガイド役は、第1回ワークショップのビギナーであった @knokmki612 さん。

今日もモクモクとそれぞれが好きなOSSを選んで、色々試してフィードバックを投げていくというものだった。たまたま自分が担当したビギナーの方がsprint-bootを選んで、./mvnw clean install するとテストがコケて、しかもその結果がtravis-ci上で起きているFailureの結果と異なるという良いネタにぶつかっていたので、それを報告してもらった。Springのレポート方法が、バグ以外の報告とかは全部StackOverflowというルールになってたのは驚いた。

OSS Gate ワークショップってどんな雰囲気なの?

と思う方は、当日にビギナーの方々が書き残している作業記録があるので、そちらを覗いてはどうでしょうか。

「大したことしてないじゃん」とか思うかもしれないけれど、大したことする必要なくOSSのためになれる活動がいくらでもあるっていうことです。
コードでコミットしたい場合も、そういう小さな一歩から始めて、徐々にOSS自体の理解を深めて、いずれはコードでコミットできるようになるんではないでしょうか。

「でも、土曜日はちょっと時間が…」という方へ

今年から、平日夜の開催を初めていますので、そちらに参加してはいかがでしょうか。

ワークショップの半分くらいの時間ですが、連続しなくてもいいので2回出ると1回のワークショップに相当する内容で設計されています。

あと、オンラインで相談できる場がGitterにあるので、何でも気軽にご相談ください。


2017年01月13日 [長年日記]

_ Regional Scrum Gathering Tokyo 2017 にボランティアスタッフとして行ってきた。 #RSGT2017

1月12日、13日に大崎ブライトコアで開催されたRegional Scrum Gathering Tokyo 2017 にボランティアスタッフとして行ってきた。ボランティアスタッフとしては、たぶん今年で3年目。

カンファレンス自体がどんな雰囲気だったのかは、トゥギャッターとかSlideShare などで検索するとわかるんじゃなかろうかということで割愛。

ボランティアスタッフって何がいいの?

ボランティアスタッフとかやっていて、何が楽しいのかってのを聞かれること無いのだけど、せっかくなので書いてみる。

大きく分けると前日の会場設営と当日のスタッフ業。
開催日がここ数年は平日なので、前日作業も平日で普段の業務の都合を付ける必要がある。
当日の仕事は、受付だったり、セッションの担当だったり、ランチやおやつのケータリングの搬入だったり、ゴミ回収だったりと*1、体を動かす作業が殆ど。けれど、1フロアの2トラックなのでそこまで苦ではない(はず)。
自分は、主にセッションのタイムキープと質問者へのマイク渡しを担当して、全部では無いがいくつかセッションを聞くことができた。とはいえ、タイムキーパーをやっているとうっかり時間を忘れてしまうことがあるので話に集中できない。

ボランティアスタッフは無料で参加できるので、費用面で通常の参加が難しい人*2は検討してはいかがだろうか。
ということよりも、ボランティアスタッフとして一番の利点は、実行委員の方々、スピーカーの方々や参加者との接点を持てることだと思う。人見知りな方なんかは、スタッフということを利用して、ギャザリングしよう!

次はいつあるの?

最終日のクロージングで発表があったように、2018年1月10日から3日間分の予約を会場である大崎ブライトコアでしてあるということで、大体その前後の予定を予め確保しておくと良いでしょう。

*1 作業分担を書いた紙を紛失してしまったので記憶を頼りに。

*2 オレオレオレオレ


2016年12月29日 [長年日記]

_ 仕事納め

今年の最後の仕事は、長らく戦ったJUnitのテストからFailするものを除外して、一応健全な状態にして終えた。
おやつ神社用の賽銭箱の最後の仕上げをやっていたのだが、金具を取り付ける際のハンマーの音が煩いという苦情で、途中で終了。賽銭箱の機能は問題無いので、運用体制を整えれば、来年から奉納金を募ろう。

そして、毎年恒例のHHKBの掃除を済ませた。今年を振り返ってみると、

  • 使われそうにないプロダクトの提案を断ったり
  • OSS Gate に参加
  • Regional Scrum Gathering 2016 の当日スタッフ業
  • デブサミ 2016 、一般として初めて参加。
    • 2014に当日スタッフ、2015 にスピーカー。普通に来たのは今年初めて。
  • 問い合わせへのヘルプデスクの対応が時間かかってるので、問い合わせが発生した段階で勝手にアドバイスし始める。
    • 結果的に件数と、巻き取った方が早い場合をすぐ判断できたので対応時間は減らせた。通常のフローと違うからやめろ、とだけ上司から言われてたけど。
  • アジャイルコーチの道具箱 の翻訳をちょびっとだけ。
    • プロの翻訳のスピード、日本語の使い方とかを目の当たりにできた。
    • 今思うと、すごいところに名前が並んでしまった…
  • De:code 2016のチケットを戴いて、MS関連の製品に興味を持つ。
    • Xamarin とかC# とかAzureとか。あんまり触れてないけど。
  • プロダクトのリプレイスだけ決まって、行き先の決まらないまま異動だけ決定 *1
  • なぜかレガシーシステムに手を付けることに。
    • プロダクトオーナーには好評。開発チームからは無反応。
  • BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND METAL RESISTANCE RED NIGHT
    • あそこには感動しか無かった。
  • BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND - METAL RESISTANCE –RED NIGHT & BLACK NIGHT LIVE VIEWING
    • Legend Zの聖地Zepp Tokyo へ。23年さんに遭遇
  • DevLove関西へ
    • 社内勉強会のことについて話してきた。
    • 発表の機会を下さった @yohhatu さん、ありがとうございました。
  • Rakuten Technology Conference 2016 で、初めて参加者として来れた。
    • セッションはどれも聞いてないけど、娘はプログラミング体験のハンズオンに参加できて、アフターパーティーまで出て、満足してたので良かった。
  • 社内公募で異動

といった感じの一年でした。
まじめにエンジニアとして頑張れる環境なので、デプロイとか環境周りを作っていくのを頑張ろう。

*1 そういえば、年内予定と言われてたリプレイスはまだされてない。


2016年12月13日 [長年日記]

_ OSS Gate ふりかえり 2016 に参加してきた。 #oss_gate

OSSに貢献してみたい開発者の最初のコントリビュートを支援するコミュニティOSS Gate が今年始めに立ち上がってから、1年が過ぎようとしているということで、ふりかえりの会が今日開催されたので行ってきた。場所は、OSS Gateのファウンダーの1人である廣瀬さんがいるSEプラスさん。

IMG_3450

ふりかえりは、KPTで行われ、事前に集められたKPTと、今日来た人たちでも色々出し合った。ファウンダーの須藤さんは、いかに運営のコストを減らして、継続できるかというところを重視しているところがわかって、緩やかに長く着実に続けられるにはどうするかを色々みんなで考えた。

継続して開発する人を、継続して支援していきたい。

という須藤さんの言葉にはとても同意。

何よりも素晴らしいことは、OSS Gateが立ち上がったことだし、ミッションである「初めてのOSSのコントリビュートを支援する」というのが実現できたことだし、初回でビギナーだった人たちが今ではメンターとして支援する側に回ってたり、東京だけでなく札幌で開催できて、更には沖縄や関西にまで広まっていきそうということだし、そういった活動を1年続けてられたってことだ。

こういったコミュニティ活動は、企業として支援しても儲かるものではないと思う。それでも、開発者じゃないけど支援したいと思ってくれる人がいるということはとてもありがたいことだと思う。今日みたいに会場提供してくれたSEプラスさんには感謝しか無いし、これもまたOSSへの貢献だと思う。

ということで、来年も緩やかに頑張っていこうと思う。


2016年11月29日 [長年日記]

_ 異動してた。

11月15日付で異動した。
社内情シスを3年半ほど続けてきました。
3年という期間は自分のキャリアを考えた時にけっこうな割合を占めるので、そろそろこれまでと違うことをやってみようと思った。弊社には、オープンポジションという社内公募制度があるので、それを利用した。
直近3ヶ月は実質1人での業務だったのが、久しぶりのチーム開発となり、技術についてもこれまでのRuby/Rails ではなく、Java、Springといった全く異なる環境になり、何をしても学びしか無い状態で、ヒーヒー言っている。当面は、JenkinsやDockerとかで、ビルドパイプラインとかCDとかトレンディなことに従事することになりそう。

ということで、新しい門出を祝いたいという方のために例のリストを用意いたしましたので、ぜひご活用ください。