Satoryu's Diary

Rubyが好きな貧乏プログラマーの日記。日々の生活、開発に関するメモとか考えとか。


2014年08月12日

_ 過去のTOEICを振り返ってみる。

英語学習の時間を使って、過去のTOEICの振り返りをしてみた。上のグラフは、今手元にあるTOEICのスコアの推移を示したもの。

直近過去5回分のスコアと、各パートの細かい評価については、こちらを参考にしました。

全体

  • Listeningに比べて、Readingは比較的高い。
    • 過去最高が375点で、最後まで解けた時なので、速く読む練習が必要
    • 勉強時間全体の配分として、Listeningを重点的にやろう。

Listening

  • 長文読解が苦手。
  • 短文の時は、純粋な質問形式(What/When/Who/Where ... ?など)は解けてるみたい。
    • どうやら会話形式のやりとりが苦手っぽい。
      • ボキャブラリーを増やせると良いのかも。

Reading

  • Readingは、「文法が理解できる」の正答率が安定して高い。
    • 今やってるGrammer in Use は、そこまで頑張らなくても良いのかも。
    • PART7のスコアに関連する正答率のぶれが大きい。
      • 最後まで解けた時は、ここの正答率も最高値なので、やはり速く読む練習をして確実に点を取れるようにすると良さそう。

という形で、今後の勉強でやること、計画を考えてみようっと。

参考

Tags: English TOEIC

2017年08月12日

_ 「プログラマー“まだまだ”現役続行」を読んだ。

プログラマーの定年と言われている35歳を過ぎてから、エンジニアとして今後どうやって生きていくのか度々考えることがある。先日、ふらりと図書館に寄った時に見つけたので借りて読んでみた。

著者の柴田芳樹さんといえば、Java関係の書籍では長く利用されているEFFECTIVE JAVAの訳者として有名。大学を卒業された後から現在までプログラマーとして活躍されている。この本の中でも触れられているが、プログラマーとして専任しているわけではなく、管理職でもあるがプログラマーとしての勉強を続け、後進育成のための勉強会も主催されている。

この本では、柴田さんがこれまでのプログラマーとして生きてきた中で見えてきた「プログラマーとしてキャリアを続けていくために必要な力」ついて書かれている。35歳定年説は、「プログラマーとして活躍できるのは35歳まで」ということではなく、プログラマーとして第一線で活躍するために必要な活動を続けていないために別のキャリアへ行かざるを得ない、というのがこの本で伝えたいことなのだと感じた。35歳あたりで期待されてくるのは、単にプログラマーとして成果を出すだけでなく、若手*1にたいして教育ができることだったりする。しかし、単に仕事をしているだけだと、伝えるスキルが無かったり、伝えられるように技術を体系化できていなかったりするので、プログラマーとしての期待に応えられなくなるのだろう。

柴田さんの言う必要な力とは、プログラマーとしての考え方、勉強の仕方、コミュニケーション、そして英語。特に英語については、いかにして良い情報を取り入れるかと行った時にはやはり英語で書かれたものに触れられることが大切ということを言っている。英語で読む力もまた一朝一夕で身につくものではないので、これもまた地道な勉強が必要で、柴田さんも年単位で英語の技術書を読書会で読んだりしているそうだ。

最近、エンジニアは業務時間外にも勉強すべきかどうかについて色々な議論がなされている。

それについても本書では、「会社に依存することなく自己のスキルアップのために自分の時間を投資しよう」と言っている。自分も、やはり自身の技術のために必要なことなので、業務時間云々は関係なく勉強する方が良いと思っている。

プログラマーとして今後やっていくにしろ、そうでないにしろ、技術に関する勉強を続けていかないとやっていけないし、そのための勉強の仕方については柴田さんの言うとおりで、いくらでもやりようがあるってことなんだと思った。日々新しいことが出てくるので、それを楽しんでいくしかないよね。

とりあえず、最後の章「30代、40代の人たちへ」は、その世代の人たちが今後管理職として生きる上でも大切なことが書かれてるので、ぜひとも読むのをお勧めします。

*1 この本では新卒入社2、3年目あたり