Satoryu's Diary

Rubyが好きな貧乏プログラマーの日記。日々の生活、開発に関するメモとか考えとか。


2018年09月11日

_ 「マイクロソフト伝説マネジャーの 世界No.1プレゼン術」を読んだ。

外で発表する機会がこれまであまり無かったので、これから増やしていきたいと思っている。LTみたいな一方的に言いたいことを言うようなプレゼンテーションはやることは何度かあるのだけれど、勉強会やカンファレンスでの講演のようなプレゼンテーションはほぼやったことがない。そこで、澤さんのプレゼンの本はとても興味があって読んだ*1

この本はスライド作りのテクニックについては殆ど書かれていない。それより大事なプレゼンテーション全体をどのように作るかについて書かれていた。澤さんにとってプレゼンテーションが目指すべきゴールとして

  1. 聴いた人がハッピーになる。
  2. 聴いた人から行動を引き出す。
  3. 聴いた内容を他人に言いふらしたくなる。

いつも自分はスライドがなかなか納得したものにならなくて難しさを感じるのだけれど、その根本としてこの3つを考えていないことだと感じた。このゴールを忘れて、自分の理解や会社くを簡潔にまとめることに集中しすぎたせいで、難しいと感じていたのかもしれない。つい最近、パブリックスピーキングを研究していた方が、聴衆分析の重要性について話をしていたので、ちょうどそのこととリンクした。スライド作成のテクニックも大事だけれど、作成する上での心構えや、プレゼンテーション自体の目的について意識しながら、次の機会に試してみよう。

スライド作成については、やっぱり長沢さんの本が参考になりそうな気がしてきた。

Tags: 読書

*1 誕生日プレゼントで頂いたので、とてもありがたい!


最近の投稿

翻訳しました(ちょっとだけ)

follow us in feedly